UAマイル(マイレージプラス)が来年2月発券分より改悪!

海外旅行で重宝していたUAマイル(マイレージプラス)ですが、
残念なことに来年2月の発券分よりほとんどの方面で大幅な改悪になります。

images

 参照元:http://smarttraveljournal.blogspot.jp/2013/11/united-mileageplus-analyse.html

まず、国内では片道6,000マイルが10,000マイルに、
私がよく利用していた
タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア方面では下記になります。

エコノミークラス:片道15,000マイル→22,500マイル
ビジネスクラス:片道30,000マイル→40,000マイル
ファーストクラス:片道40,000マイル→60,000マイル

先日購入した30%OFFのマイルは1マイル=約2.4円でしたので、
これで計算すると下記になります。

◆国内

片道14,400円→24,000円
往復28,800円→48,000円

札幌から沖縄の石垣島まででもこの値段という意味では
安いかもしれませんが、
近場の場合には割安感は感じられません。

これだけ出すならエアアジア等のLCCを使って
マレーシア、シンガポール、タイ等、海外まで行けてしまいます。

◆海外:タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア方面

エコノミークラス片道36,000円→54,000円
エコノミークラス往復72,000円→108,000円

ビジネスクラス片道72,000円→96,000円
ビジネスクラス往復144,000円→192,000円

ファーストクラス片道96,000円→144,000円
ファーストクラス往復192,000円→288,000円

燃油サーチャージがかからない、
タイ、インドネシアのように2カ国にわたる周遊ができるのは大きな利点ですが、
エコノミークラスでは現金で購入した方が割安です。

ビジネスクラス、ファーストクラスは
依然として現金よりは割安なものの、
そこまで支払って乗る価値があるかと言われれば、
微妙なところではないでしょうか。

マイルの達人に人気のフィジー、タヒチ、ニューカレドニア方面の
エコノミークラスは従来通りですが、
ビジネスクラスは片道20,000マイルから30,000マイル、
往復40,000マイルから60,000マイルに変更です。

これを先程の円換算で計算しますと・・・

エコノミークラス片道30,000円(従来通り)
エコノミークラス往復60,000円(従来通り)

ビジネスクラス片道48,000円→72,000円
ビジネスクラス往復96,000円→144,000円

これはなぜ人気が高いかと言うと、
タイへ直接行くよりも、
この方面へ行ってタイへストップオーバーと言う形にすると
マイルが少なくて済むからです。

特にビジネスクラスのマイルは少なくて済むので
お得感が高かったのです。

今後はタイでのストップオーバーのマイルに変更がない限り、
円換算すると下記のようになります。

タイへ直接:エコノミークラス往復108,000円
この方面利用でタイ:エコノミークラス往復60,000円

タイへ直接:ビジネスクラス往復192,000円
この方面利用でタイ:ビジネスクラス往復144,000円

来年2月以降はビジネスクラスでは
96,000円から144,000円に大幅に割高になってしまうので
お得感の強いエコノミークラスといえども
座席が益々集中し、利用できるチャンスも少なくなるでしょう。

参照元:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n50729

10月にマイル購入30%OFFキャンペーンがあったので
家族旅行用に約20万円を支払って80,000マイルを購入しましたが、
今回の改悪発表の影響で、来年の1月末の旅行用に予約しました。

その他、残約35,000マイルがありますが、
1月31日までに新たな計画を立て発券します。

そうすれば、その後2月1日以降に変更を行っても、
変更手数料を支払うだけで、
必要マイル数には変更がないようだからです。

特典旅行の発券オプションと手数料

なお、日本から中東、オーストラリア、ニュージーランド方面、
北アジアからオーストラリア、ニュージーランド方面へは
マイルが逆に少なくてよくなります。

UAマイル(マイレージプラス)をお持ちの方は、
来年の改訂をチェックし、
今後の運用を見直すことをお薦めいたします。

特典チャート