1ヶ月の海外一人旅 【インドネシア VOL.8】

【食事VOL.2】

◆ウブドのレストラン:

ホテルから中心地まで散歩しようと歩き始めて1分、
武家屋敷の裏口みたいなところで怪しい人物を発見!

うまくかわして前進しようとしたところ、声をかけられました。

522448_10151311703009948_82308736_n

 最近レストランをオープンしたのでいかがですかというお誘い。

今ホテルに着いたばかりで、
とりあえず街の中心地までぶらぶらするので、
帰りに寄らせてもらいますと返事をしました。

見るだけ見てというので、恐る恐る見せてもらうと、
裏口を見ただけでは想像できない、
それは立派なレストランが目の前に拡がりました。

ナシゴレンはあるのか、税金、サービス料はと聞くと
めちゃくちゃ高いわけではなかったので、
売り上げに協力してあげることにしました。

ただ、夕方6時前なのにお客は誰もいなく、
私一人でしたので、ぼったくられるのかと冷や冷やしました。

料理はナシゴレンスペシャルとビールをまず注文、
サービスで焼きたてパンと落花生を持ってきてくれました。

場をなごますためか、
途中オーナーらしきドレス姿の女性が話しかけたりしてくれました。

夜7時くらいになるとお客が1組、2組と徐々に入ってきたので一安心。

更にパイナップルベースのカクテルであるピナカラーダを注文、
美味しい料理と飲み物を堪能し、お値段しめて約1700円でした。

このレストラン、翌日ブランコ美術館に行ったら、
何と隣に正面入口がありました。

高台に位置しており、なぜ景色が抜群なのかがよく分かりました。

 602512_10151311718799948_1629679810_n

549092_10151311705539948_560965632_n

531143_10151310141694948_1164645257_n

22609_10151310142534948_1185263818_n

75987_10151310142919948_391534492_n

 ◆キンタマーニ高原のレストラン:

バリで一番美しい景色が見れるというキンタマーニ高原にあるレストランです。

バイキング形式で120000ルピア(約1100円)
と結構いいお値段を取ります。

カーチャーターのガイドにあらかじめ聞いたときには
100000ルピア(約900円)と言っていましたが、
ふたを開けてみたら税金、サービス料で20%も別途取られていました。

ビールを頼んで、お値段約1500円。

 316532_10151314226759948_842069521_n

◆イカンバカールが食べられるワルン:

カーチャーターでクロボカンに向かう途中、
夕食にイカンバカール(魚の炭火焼き)を食べたいと言ったところ、
近くにあったワルン(定食屋)に車を止めてくれました。

メニューを見ると、
タイとエビの炭火焼きらしきものがあり、美味しそうなので注文。

ふと周りを見回すと面白い扇風機がありました。

ミネラルウォーターを別途頼んで、しめて約550円。

炭火焼きのたれが独特で抜群に美味しかったです。

ただ、最後お会計の時に、
メニューで見たときの値段の2倍を提示してきたので、
クレームをつけたところ間違っていましたと訂正しましたが、
もしちゃんと見ていなかったら騙されるところでした。

値段を確認するときにカーチャーターのガイドに確認を取っていたので、
バックマージン分含ませていたのかも知れません。

危ない危ない!

9085_10151314234514948_930111613_n

600506_10151314234584948_1721342747_n

987_10151314234729948_1991260509_n

400251_10151314234754948_511294849_n

会見の件では後味の悪い気もしましたが、
帰り際にご馳走様の意味を込めてバリ語のありがとうである
「スクスモ」を言ったところ、
スタッフ数人がすごく喜んでくれました。

結果オーライかな(笑)