言葉のエネルギーを意識して会話する!

日常何気なく使っている言葉ですが、
そこには大きなパワーが宿っています。

ある人が、カイワレ大根の種を水で湿らせた脱脂綿に捲き、
3つの容器に分けて、
それぞれに「ありがとう」「バカ」「・・・(無視)」と
毎日声がけし、実験したそうです。

blog_import_51fb0f1a73fb4

1週間たった結果・・・

1)「ありがとう」と声がけしたカイワレ:

【形】1番良く発育しました。
【味】辛みも少なく美味しくさわやかな味です。

2)「バカ」と声がけしたカイワレ:

【形】途中までは発芽率も発育も良く、
   一見「ありがとう」と大差がないように見られました。

【味】ピリピリの激辛で、美味しくありません。

3)「・・・(無視)」したカイワレ:

【形】伸びも悪く元気がありません。
【味】辛いうえに苦みも強く、硬くて全く美味しくありません。

この【味】の決定的な違いが重要です。

言葉のエネルギーは見た目(【形】)以上に中身(【味】)に宿ります。

※「倍音パワー活用法」(山岡尚樹著)参照

上記の実験はカイワレですが、
これが「人」、特に「子供」だとしたら・・・

なかなか考えさせられたひとときでした。

これは日本語での話ですが、外国語でも同じはずです。

海外一人旅の際には、
積極的に「ありがとう」を使っていきたいですね。