海外生活で重要な銀行預金金利!

日本の銀行預金金利は微々たるもので
全然話になりませんが、
海外に目を向けてみると金利の高い国はいくつも存在します。

一番高いところでは20.00%のところもありました。

1000万円預ければ年に200万円の利息が付く計算です。
すごいですね!

以下、人気のある海外生活候補地の国の銀行預金金利を、
金利の高い順で記載します(2012年9月)。

5.10%:オーストラリア
4.30%:ニュージーランド
3.20%:マレーシア
3.00%:タイ
1.32%:カナダ

日本で1000万円というと、
その利息で生活とはいきませんが、
例えば人気のタイですと、年間30万円になります。

タイの中でもシニアに人気が高いチェンマイでは
デパートの店員の月給が15000円程度であることを考えれば、
これだけで現地の人の最低限の生活は確保できる計算になります。

おおよそ現地の倍の生活をしたければ2000万円、
3倍の生活をしたければ3000万円でお釣りがきます。

一方月に20万円は欲しいとなれば、
年間240万円、金利が3%なので、
資金は8000万というふうに計算することもできます。

自分の手持ち資産を元に計算しても良いし、
逆に欲しい利息を元に必要とされる資産を計算して、
それを目指すという使い方ができます。

昔、ニュージーランドに1年間滞在したときに、
現地の銀行で口座を開きました。

家賃の支払い等に使う小切手が使える口座
(日本の当座預金に該当、利息なし)でも
利息がちゃんとついてびっくりしたことがあります。

しかも当時日本ではATMで24時間はありませんでしたが、
ニュージーランドでは既に実施。

お洒落な財布もプレゼントしてくれたりして、感激しました。

海外に目を向けると得するチャンスも多くなります。

インフレ率、対外的な貨幣の価値
(円で言えば円高か円安か)も考慮しながら、
是非上手に活用したいものです。

なお、その他の国の金利表は下記サイトにて。

資料掲載元:http://goo.gl/d7RsM

※写真はマレーシアの銀行定期預金金利

deposit