海外旅行&生活でのトラブル VOL.3

【ケース16】

タイのバンコクで、父母をスパに連れて行った帰り、
夜遅かったのが悪かったのでしょう、
メイン通りにもかかわらず人が
少なかったです。

私の後ろに父、母と歩いていたところ、
前から大きい花束を持った男性が歩いてきて、
父のところに花束を押しつけたと思いきや、
ズボンに手を入れてスリをしてきました。

幸いお金は私が全部管理し、
父母には持たせていなかったので、
ポケットに入れていた薬を盗まれただけで済みました。

彼は薬を盗むと走り出して、
歩道脇に走ってきたバイクに乗り込むと
ニヤッと笑って走り去っていきました。

近くで見ていたタイ人がポリスを呼ぶかと言ってきましたが、
彼もグルかも知れないので遠慮しました。

i320_425

場所は宿泊ホテルの近くだったので、
ホテルのレビューで夜の外出は気をつけた方が良いと
hotels.comに投稿しましたが、
売り上げが下がると困るようで、
これまた先程の例と同様掲載されませんでした。

【ケース17】

父母を連れてバンコクの夜店を歩いていた際、
ふと母のリュックサックを見ると
ファスナーが全開されていました。

幸い大事な物は底の方に入れておいたので
被害はなかったのですが、用心にこしたことはありません。

【ケース18】

ツアーコンダクターをしている友人と韓国に行き、
タクシーに乗ったときの話です。

友人がで地図で進行方向をチェックしていたところ、
逆の方向へ行っていることが分かりました。

指摘したら方向修正しましたが、
韓国のタクシーは世界各国を何周もした別の友人も
法外な金額を請求されてトラブルになっています。

極力避けるに越したことはありません。

ダウンロード_425

【ケース19】

ニュージーランドに行く際に現地でお金を下ろせるよう、
シティバンクで口座を開きカードを作りました。

実際現地で下ろそうとしたところ、
磁気エラーで使えなかったので、
現地のシティバンクでカードの再発行をお願いしました。

しかし、日本でないと対処できないと断られました。
全く役立たずでしたので、帰国後口座を解約しました。

新品といえども磁気エラーはありえますし、
現地に法人があるといえども対処不可能な銀行もあるので、
カードは数枚持っておいた方が良いです。

【ケース20】

インドネシア、バリのクタでの出来事です。

フードコートで食事をしていたところ、
店のマネジャーが流暢な日本語で話しかけてきました。

話が面白く、親切でしたので、
サンダル、両替所の安いところを聞いてみたところ、
店の周りの店を紹介し同行してくれました。

一見交渉してくれたようでしたが、
実際は交渉をしてくれたわけではなく、
サンダルは通常の倍、両替も?でした。

また、街を歩いていて声を掛けてきた
これまた日本語が流暢な青年の紹介する店に入ったのですが、
そこで買った商品は通常の倍から3倍しました。

日本人は現地の日本人に一番騙されると言われますが、
日本語の流暢な現地人も気をつけた方が良いです。

分かってはいましたが脇が甘かったです。