海外旅行&生活でのトラブル 番外編

【ケース21】

いくらホテルが綺麗でも構造上の欠陥も多々あります。

先日宿泊したマレーシアのクアラルンプールのホテルは
新築ホヤホヤで綺麗でしたが、
夜中の静かな時間に、
上の階の人が椅子を引きずる音や生活音が凄くなかなか眠れませんでした。

これはカスタマーレビューに記載があれば避けられますが、
そうでない限りは運に作用されてしまいます。

また、タイ、パタヤのある高級ホテルでは、
家族、友人等が部屋と部屋を内部で連結できる
コネクティングルームという構造になっており、
部屋の壁が薄く、音漏れが凄く、
騒音に悩まされて眠れませんでした。

タイ、チェンマイのスタンダードホテルでは
いわずもがな、騒音に悩まされました。

コネクティングルームがあるホテルは
避けるに越したことはありません。

img_slide_west-twin04_425

【ケース22】

これは最近では一昨日経験しました。
これまでに3~4回は悩まされています。

それは中国人が団体で宿泊している場合です。

彼らは日本のホテルでも経験しましたが、
周りのことなど気にせず、
夜中でも平気で大声で廊下、部屋で騒ぎ立てます。

下手に文句を言おうものなら、
何をされるか分かったものではないので対処のしようがありません。

また夜中に韓国人が女性を連れ込み
大音量で音楽を流していたこともありますが、
そのときは隣の部屋で部屋番号も分かったので
電話をして暗に抗議をしたところ静かになりました。


その他、アラブ系は部屋のドアを開け放しにして
話をするのでうるさいです。

以上、対処方法としては、
カスタマーレビューでのチェック、安いホテルには注意する、
ツアー客御用達のホテルは避ける、
部屋番号が分かれば電話して暗に注意を喚起する
(ベルを鳴らすだけで話さなくても良い)が挙げられます。

faguo_425

【ケース23】

飛行機の座席上の荷物入れは早めに確保しないと
離れたところに置く羽目になるので
なるべく早く搭乗したほうが良いです。

エコノミー、ビジネスクラス問わずマナー違反の外国人も多く、
自分の座席上の荷物入れを満杯にしただけでは足りず、
平気で人の座席上に荷物を入れていたりします。

こちらが入れるところがないので躊躇していても知らぬ顔です。

【ケース24】

先日マレーシアのクアラルンプールから
インドネシアのバリに行く機上での出来事です。

隣の品のある老夫婦の婦人が座席を後ろに倒そうとしたのでしょう、
後ろのオーストリア人の老人男性が
ガンガンと座席を叩いていたのでびっくりしました。

その老人男性は女性2人と
搭乗前にも搭乗後にも我関せずで大声で喋りまくっていたので、
やはり我が儘な人なんでしょう。

欧米人というとキレるようなイメージはあまりないですが、
これを目にしてからは考えが変わりました。

欧米人だから大丈夫とかの先入観を捨てて、
危なさそうな人にはなるべく近寄らず、
刺激するようなことはしないに越したことはありません。

【ケース25】

現在宿泊しているタイ、バンコクのホテルでの現状です。

サイト上では出来たてホヤホヤで豪華ですが、
実際は出来たてではありませんでした。

朝食付なのですがレストランがまだできていなくて、
朝食は部屋でのルームサービスです。

お願いしてから20分近く待たされ、
エチケット上、食器は洗わざるを得ず、面倒です。

また、まだ完成していない部分が多々あるようで、
朝から工事のドリルの音でうるさく、
折角ビジネスのプランを構築しようとして
それなりのホテルをとりましたが、残念な結果になりました。

新聞もサービスで入れると言っていましたが
入っていません。

エアコンは直接ベッドに風が来るので、
落ち着かず、調整も上手くいかずにぐっすり眠れませんでした。

出来たてのホテルは、
オペレーションも慣れていないスタッフも多々いるので
外れが多いのでしょう。