海外ツアーでもリスク&トラブルはあります!

海外旅行でツアーを使う理由としては、
安心・安全面が大きいと思います。

語学ができない、現地の地理が分からなくても、
ツアーなら何とかなります。

ある意味、お金でそれを買っている訳です。

通常は大きな問題は起きませんが・・・

★英空港に置き去り 仙台の男性、旅行会社を提訴

添乗員付きの欧州ツアー旅行で
英国のヒースロー空港に置き去りにされ、
精神的苦痛を受けたとして、
仙台市若林区の50代男性が4日までに、
ツアーを計画した大手旅行会社阪急交通社(大阪市)に
慰謝料など計40万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

lonely_425

男性の代理人によると、同様の訴訟は珍しい。

男性は「会社は責任を認め、
過失のない旅行客の立場に配慮した対応をしてほしい」と強調する。

訴えによると、ツアーには男性ら26人が参加。

ことし1月、スペインやポルトガルを訪れ、
ヒースロー空港で帰国手続きを取った。

テロ警戒で手荷物検査が厳しく、
男性と女性添乗員、女性客の計3人が無作為で選ばれ、再検査を受けた。

添乗員と女性客は先に再検査を終え、搭乗ゲートに移動。

添乗員は男性が遅れる旨をゲートの係員に知らせた後、
係員の指示で成田空港行きの航空機に移った。

男性も再検査を済ませてゲートに駆け付けたが、
出発に間に合わなかった。

添乗員は携帯電話で男性に
「飛び立つので(男性は)もう乗れない。
頑張って帰ってきてください」と伝えたという。

男性は現地の旅行代理店を通じてホテルを予約。

英語があまり話せないため道案内などのガイドを依頼し、
ホテルに1泊し、別の航空機で帰国した。

宿泊費やガイド代は自分で負担したという。

被害の弁償などをめぐり、男性は旅行会社側と何度かやりとりしたが、
帰国後、会社側から「会社に過失はなく、金銭の補償はしない」
といった連絡があったという。

男性側は「安全に旅行できると思って添乗員付きのツアーを選んだ。
添乗員は空港に残って男性の安全確保に力を尽くすべきだった」と主張。

阪急交通社の担当者は
「裁判になったことは誠に残念。法廷で見解を述べる」と話している。

掲載元:河北新報

海外ツアーと言えどもリスク&トラブルはあります。

従って、海外一人旅の知識を身に付けておけば、
いざというときに役立ちます。


「何かを始めるのに遅すぎることはない」

51rVC4b9tgL._SX344_BO1,204,203,200__425

53歳から英語学校に通い、65歳でイギリスにひとり旅を始め、
はや13回の武者修行をした84歳の女性がいます
(清川妙著
「八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅」
)。

海外一人旅の成功の秘訣は
「想像上で自分の旅行会社を立ち上げ、
社長になったつもりで楽しみながら全部自分でやる」ことにあるそうです。

これならリスク&トラブルの対策もあらかじめ想定できますから、
積極果敢に行動できますね。

素晴らしい!