日本人としてのプライドを持つ!

以前父母を連れてオーストラリアへ旅行した際に、
宿泊先でトラブルが発生しました。

日本に電話をかける際に、
まず先にフロントのスタッフが電話をつなぎ、
その後部屋へまわすと言う方式のため
電話番号が書かれた紙を渡しました。

しかし、実際まわされた電話先は全然違うところで、
その後何回かトライしたものの
結局望む相手とは話が出来ませんでした。

翌日チェックアウトする際に、電話番号を確認したところ、
こちらが紙で伝えた番号と違っていました。

向こうのミスなのは明白なのですが、
まあ、お互い様と言うことで譲歩し、
電話料金の清算に関しては、50:
50にしようと言いました。

ところが先方は、私が100%悪いので全額負担しろと言います。

負担しないと警察を呼ぶと言いましたが、
日本人を甘く見ているという感じが往々にして感じられたので、
警察を呼んでもらいました。

母国語ではない言葉のハンディから相手に上手く言いくるめられ、
最悪の場合、警察にパスポートを取られて
帰国できなくなるのではないかという危険もありましたが、
父母了解のもと、あえて警察に来てもらいました。

結果は、50:50でした。

捕鯨問題が典型的ですが、
日本人としてのプライドを持って、
主張すべきことはきちんと主張しないと
特に海外生活では肩身が狭く、窮屈な思いをするでしょう。