旅で人生を劇的に変えた人

「空港に行って『次の空いてるフライトにとりあえず乗せて』
と頼んだことはある?
そしてその旅はどんなものになった?」

海外掲示板にそんな質問がされ、興味深い経験談が語られていました。

下記の記事は、その中でも一番印象に残っています。

「2012年のことだった。

住んでいるところにほとほと嫌気がさしていた。
人嫌いで、仕事嫌いで、自分の人生の向かう先がイヤだった。

とにかくイヤでイヤでたまらず、
太った23歳で、彼女もなく、デートするチャンスもなく、
同じバーの同じ最低の友人と週末に飲むだけだった。

ある金曜日、もうたくさんだと感じて上司に仕事をやめると伝えた。

1時間くらいぐるぐると運転して家に帰って自殺を真剣に考えて、
これで終えてしまおうと思った。

でもその代わり
スーツ1着と2~3の着替えだけを持って一番近くの空港へ行った。

airport_425

次のフライトはどこ行きかを尋ねたら、ワシントンD.C.だと言われた。

飛行機に乗ったとき最高の気持ちになった。

人生のすべてがよくなる気分で、
動いているだけより一歩進んだ気持ちになった。

到着したらタクシーに乗って安ホテルに2カ月住んだ。

仕事を得て今は満ち足りている。
体重も減らし、初めてのマラソンも走った。

自発的な旅行というのは最高の治療だと思う。

人生が自分のほうにやってくるのを待っていたらいけない。
飛行機に乗れ。
どこでもいいから行くんだ。
失敗した人生を歩むようなオプションはないんだ。

お気に入りのRPGを1から始めたところを想像するんだ。
全てはそこからだ

掲載元:http://labaq.com/archives/51806919.html