悪ふざけ、ダジャレ、ユーモアの受け止め方

コミュニケーションを円滑にするユーモアですが、
似たような悪ふざけ、ダジャレと共に、
外国人はどう受け止めているのか気になるところです。

億万長者の起業家マイケル・マスターソンは
「臆病者のための科学的起業法」の中で、
3つの違いを下記のように述べています。

一部抜粋。

「悪ふざけは、貴重なビジネススキルだと思われることが多い。

ところが実際は、発話者は箸にも棒にもかからない人物であり、
他人を楽しませるための何気ないコメントやエピソードを記憶し、
披露することくらいしか能のない人間だというメッセージしかならない。

ダジャレは一層たちが悪い。

ダジャレを連発する人間にはたった一つの特徴がある。

羞恥心の著しい欠如だ。

まともな人間なら胸のうちにしまっておくような
つまらない言葉を喜んで口にしているのがその証拠である。

本物のユーモアは、
機知に富み、知的で、
人生の不条理や悲哀を理解しているからこそ生まれるものである。

ユーモアは愉快だ。

悪ふざけは、せいぜい面白いという程度。

ダジャレ?勘弁して欲しい

そして、ユーモアの効用を更に強調しています。

ユーモアのない人間は、障害や失敗に見舞われると必ず動揺する。
陽気でユーモアにあふれていれば、
失意や驚きに遭遇しても、
冷静に、ときには楽観的に対処できる

ユーモアの感覚は数多くの事例に接することで培われるので、
下記は重宝しています。

https://www.facebook.com/english.jokes

なお、ユーモアとジョークの違いはウィキペディアによると、
「ジョーク (joke) は聞き手や読み手を笑わせたり、
ユーモアを感じさせる小咄や短い文の事。

日本語では音と意味の近い冗句(じょうく)と当て字されることがある。

ここでいう「ジョーク」は、
悪ふざけ (practical joke) とは異なる」となっています。

最近のヒットは・・・

526360_659471590754177_2139988878_n

おばあちゃん、まいりました。