ビジネス視察:バンコク4日間

インドネシアのジャカルタで3日間滞在した翌朝は
タイのバンコクへ向かいます。

パサールバルにあるホテルから空港までは
ジャカルタ名物の「渋滞」を心配しながらもタクシーで行きました。

このタクシー、評判の良いブルーバードタクシーです。

ジャカルタではタクシーによるトラブルも多く、
少し割高でも安心を得たい人は「ブルバードタクシー」を使います。

そのため、iPhoneアプリでブルーバードタクシーを呼べるものがあったり、
わざわざブルーバードタクシーはここの乗り場からといったサインまであります。

598815_577017705691324_663778912_n 

バンコクの空港には16:05着、日本からの友人は16:30着で、
ここからは私がガイドとなって一緒に旅行します。

タイへはこれで10回目。

5つほど「えっ!」ということがあったので記載します。

1)バンコクの地下鉄MRTその1

今まで気付かなかっただけかも知れませんが、
雨が降ったときに出入り口に濡れた傘を入れるビニール袋が装備されました。

日本では当たり前かも知れませんが、
異国で目の当たりにすると「なかなか気が利くじゃん」と感動したりします。

500x500-49152

2)バンコクの地下鉄MRTその2

それとは逆な窓口の対応です。

細かいお札も必要なことから両替を兼ねて、
1,000バーツを出しながら
日本で言うスイカに100バーツのチャージをお願いしました。

係員が間違えて500バーツチャージしてしまいました。

短期間の滞在なので500バーツも要らないから
100バーツに訂正してくださいと言ったところ、
こちらのミスではあるが
システム上修正できないとのこと。

余った分はカードを解約すれば
全額戻ってくるとはいうものの、
再度カードを作るときにはそれなりの手数料は再度取られるわけで、
日本では当たり前の修正もできず、
友人共々あきれてしまいました。

これも文化の違いなんでしょうね。

3)変わったデザインのバイク

通りすがりのショールームで見かけた
変わったデザインのバイクです。

日本でマニアが買うかもしれません。

500x500-49152 (3)

500x500-49152 (4)

4)変わった自動販売機

ショッピングセンターの一角に設置されていた
「オレンジを搾ってジュースにしてくれる機械です」。

「いつでも新鮮」が殺し文句。

なかなか粋な自動販売機です。

これならパック詰めのジュースを
絞りたてジュースと偽って出されることもありませんから安心です(笑)。

ビジネスチャンス!

※リッツ・カールトン大阪でメニュー偽装表示

 500x500-49152 (5)

タイはこの手の商品が好きなのでしょうか。

そういえば、ロボットレストランなんていうのもありました。

5)不動産

中心地スクンビット駅よりMRTでひとつのペチャブリー駅近くの
1ルームマンションが300万B
(1B=3.2円換算で960万円)から購入できます。

500x500-49152 (6)

バンコクは毎回行くたびに
どこかしら新しいショッピングセンターや
アトラクションが増えています。

経済成長の勢いを感じますね。

直近ではラマ9世駅でまたまた大きなものができるようです。

500x500-49152 (1)

500x500-49152 (2)